2021年05月

5月31日(月)

月曜日休みがちだけど、月末だから休まず営業中!


155262298_o9



いやー、毎日がもう大変です。

まさか、50歳を過ぎて100円、200円のお金に困る日が来るとは思ってもみませんでした。

あちこちにご迷惑をおかけしながら、そして助けられながら、日々を過ごしています。

片足を棺桶に突っ込み、片足をアクセル全開に踏み込んで、生まれながらの反逆者はまだ生きています!

さて、こんな困窮し、いつ潰れてもおかしくない状況ですが、亜米利加から旧友が救いの手を差し伸べてくれました…

JUNGMAVEN-21 SUMMERが来週入荷になります!

何が入荷するか? それはRobertにお任せなので、お楽しみに!

夏にはHEMP!

GaviotaPdp1


そして、今週はついに入荷!!

SPOONFUL TOTEBAGの最新作!

話題のたき火TOTEをはじめ、NewLineが色々入荷します!

たき火TOTEは先行予約もあり、店頭在庫少なめです!!

おいそぎ、オイソギ、お急ぎくださいねー!

夏が来る前に! 星が降る前に!


155262298_o4

155262298_o14
155262298_o7
155262298_o3
155262298_o2


焚き火トート #56

バッグ時寸法
マチ無し:W49×H38(cm)
マチあり:W39×H33×D10(cm)
風 防 時 :上W76×下W130×H52(cm)
容 量 :約13ℓ

焚き火道具一式を収納・運搬でき、薪運びもさらには風防としても使える3徳トート。

充分な強度を持つ8号帆布を使用し、縫製は熱に強いケブラー糸を使用。
火の粉や熱に非常に強い仕様となっています。

焚火台、革グローブ、ナタ、トング、その他焚き火関連の道具をまとめて収納し、キャンプサイトに設置したら、サイドホックを開放して巻き拾い(巻き運び)。薪の準備ができたら、トートを画像のように設置すれば、風除けとして機能します。

ほとんどの焚火台が折りたたみ式でコンパクトに収納できるため、#56(小)でも収納できてしまうかもしれませんが、風防としてお使いになる場合は、設置時の炎の高さが重要です。
ご注意ください。

ポール、細引き、ペグ、焚火台は付属しません。
φ20mmまでのポールは、バッグ時の口元の折り返し部分に通せる構造となっていますので、タープやテントのサブポールやホームセンターなどで販売している丸棒を加工してご用意するか、流木や枯れ枝を利用して支柱にして立ち上げてご利用ください。

ペグは6本必要となります。

※汚れた場合は、ブラシでこするか絞った布で拭き取ってください。洗濯すると撥水加工が低下します。また、水濡れや摩擦で色落ちや移染の可能性があります。
※帆布は火の粉程度では燃え広がり難い素材ですが、炎に晒されると燃えてしまう可能性がございます。
充分に離してご使用になり、風向きの変化にご注意ください。
※ケブラー糸は、焚き火の熱で溶けることはありませんが、炎に晒されると溶けずに炭化してしまう可能性があります。また、紫外線に弱い素材ですので、暗所にて保管することをお勧めします。




It could fill spoon full of diamond
Could fill spoon full of gold
Just a little spoon of your precious love
Satisfy my soul
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

index


ちょっと今年の春は、秋みたい?

コロコロ天候は変わるし、雨が多い!

朝出かけるときも帰り道もなかなか肌寒い日が続いています。

この天候で例年いないほど防水シェルが人気です。

コロナ=緊急事態宣言下でもシェルは少し足りなくなってきました。

最近暑い北海道の夏も、大体1週間ほど…

夏のマウンテンサイドでのキャンプでも急な天候の変化に、防水/防風効果の高いSHELL!

おススメです!

SPRING/SUMMERのカラーはAWよりもCasualに着まわせるカラーチョイスになっていますよ!

CMW772_SV6_02_bynder_defined_type_model_01_1615513748



より夏向きの(防水ではないけれど)防虫(NosiLife)Shellはこちら! CMN238_BR7_02_bynder_defined_type_model_01_1619328798
CRAGHOPPERS 1965年 


イギリス、ウエストヨークシャーのバトリーにて、ブライアン、ガスキンとロイ、ホームズが、イギリスで最初にナイロン素材を使用して、衣類を作った会社(G&H PRODUCTS社)として、創業。 その後、北極探検隊などから、装備としてのウェア製作を依頼される。 70年代には、ガスキンが自分のためも、エベレスト遠征などのウェアを製作していました。 それが市場に認められ、販路を拡大しました。 80年代に入ると、アイテムを増やすため、バンツ専業メーカーを買収して、総合アウトドア衣料メーカーとして発展しました。 その買収した会社の名前が、CRAGHOPPERS社だったので、この時に社名を、CRAGHOPPERSに変更。 1995年 イギリス以外の市場を目指すため、レガッタグループの傘下になり、本社をマンチェスターに移しました。 1997年、AQUA DRY(アクアドライ)生地を開発。 2002年 NOSQUITO(その後のNOSILIFEに発展)を防虫衣料として発売。 2006年 メリノウールを使用した衣料を発売。 2007年 ヨーロッパ市場開拓のため、ドイツ(ハンブルグ)にドイツ事務所を開設。 2008年 サバイバル番組で有名だった、ベア グリルスと提携し、衣料の提供と開発。(現在は、契約終了) 2012年 アメリカ事務所をニューハンプシャーに開設して、アメリカ市場を開拓開始。 2013年 EUROPEAN OUTDOOR CONSERVATION ASSOCIATIONに参加。 2014年 ナショナルジオグラフィック社と北米でのライセンスパートナー契約。 2015年 リサイクルポリエステルフリース製品を販売開始。 2018年 スイス、ジュネーブにある、BLUESIGN SYSTEM PARTNERに参加。 2019年 現在、世界の25か国に、販売網を展開中。 GRAGHOPPERSの創業当時は、より気象条件が厳しいアウトドア(登山)や冒険者と呼ばれる人たちに対しての、製品づくりをしていました。その頃は、このような楽しみ(苦しみ)を実現できる人はかなり裕福な階層で、ごく少数の人達の世界であったと思われます。 一般的にアウトドア衣料と呼ばれるものの購入場所は軍隊の放出品しかなかったようです。その後、その放出品が枯渇し始め、時代が変化し、一般の階層にも、アウドアの楽しみが理解されはじめた時に、CRAGHOPPERSは、一部の人だけでなく、自然や旅を楽しむ、より多くの人に対しての市場に目を向け、製品開発の方向を変更しました。 製品は価格だけではなく、その状況下において必要充分以上の性能を持ち、適切な価格で供給するという 考え方に変化していきました。 しかしながら、この事は製品の縫製を含めた品質を求めないという事ではありません。 あくまでも素材に関して出、より長く使用できる高品質な製品を作る目標は揺らぎません。 この基本的な考え方は、現在も製品づくりに反映されています。 現在もCRAGHOPPERは、基本的に高地においてのハードな登山(アルパイン、エキストリームシーン)、 に対しての衣料は、開発はしていますが、市販していません。 CRAGHOPPERSは、一部の人達だけでなく、自然を愛する、多くの人たちのブランドだという事です。 HIKE ハイキング、トレッキングと対象としたライン。 EXPLORE アウトドアトラベルを対象としたライン。 TRAVEL NOSILIFE(防虫)を中心としたライン。 70%以上リサイクル素材を使用することコミットしていますが、継続のTRAVELラインを除くと、HIKE、EXPLOREのラインは、90%はリサイクル素材を使用して、販売されます。



NOSILIFE

温暖化に伴い、ここ北海道でも虫刺されによる感染症が毎年多く報告されるようになりました。 CRAGHOPPERSの防虫機能(防虫繊維)は、NOSILIFEといいます。 キャンプ、登山、(海外ふくむ)旅行、 水辺でのアクティビティを楽しむ時に虫刺されを防止します。 もちろん 遊びの場だけでなく、害虫に悩むホームガーデニング愛好家や農作業従事者、森林作業従事者からも大きな支持を得ています。 蚊やぶよ、ダニ(毛ダニ・家ダニ)といった人体に対して危険度が高い吸血昆虫はもちろん、虻、ハエ、アリ、ノミなどにも防虫効果を発揮します。 またその効果は洗濯を繰り返しても半永久的に継続します。 (*ここ大事です!他社製品とは耐久性=性能の継続性において大きな差があります) 繊維に特殊な虫よけ加工を施した新しい技術は無色、無臭で衣料の風合いを変えません。当然ですが人体に悪影響を及ぼすことはありません。 NOSLIFEの技術はアメリカでは、インセクトシールドの名前で販売されており、アメリカ合衆国環境保護庁に登録許可されています。


banner-craghoppers



CRAGHOPPERS 21/22-AW 展示受注会開催中


期間:2021年5月13日(木)-5月26日(水) 時間:GoInsaneの営業時間内 内容:21/22-AWモデルから従来のHike,Explore,Travelの他に来季から新しくカテゴリーラインナップに加わるARCHIVE(過去のモデルをリファインしたODアパレルのNewLine)の4カテゴリーの製品を展示いたします。 個人のお客様、SHOP様、どなたでもご覧いただけます。もちろん1点からの指定発注も喜んで承ります。 コロナ禍=移動の自粛(あくまで自粛)などで、なかなか動きにくい雰囲気ではありますが、皆様のご来場おお待ちしております。 *ご来場の際はマスクの着用をお願いしております。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

BP-TRADING さんと、VISTASさんに感謝!!

Skateboard…コンプリート、デッキ、トラック、ウィール、デッキテープ、ベアリングなどSKATE関連製品たくさん入荷しましたよー!

1stp
10512319_silver_1_1024x1024
4ddt
fm1
fedb00dc4d673e8b849b3a811e47a04e
7dc152dbecc08e6e012969f5f5e6d76c
6034dfa9413d7c053031c11559c8576d
085257c3fec7f25add3595cb77b1b927
bb536683fda3c337832a47e81ac020ac
886aab118270e3cb0f735f184dcabde7
053c6199958755d9eda0134886345d21
432d851124fc12c99a744b34016ba842
ad9c9877e0add3d40848d792e3199bfc
86c2f3e93202494430a7dcb3c5c22477
e380c3f59f0a87e04d5525d941780331

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

CMT934_4IR_01_bynder_defined_type_product_01_1619331766
CMT934_UQ6_01_bynder_defined_type_product_01_1619850247
CMT934_U8B_01_bynder_defined_type_product_01_1619327591
CMT906_4IR_01_bynder_defined_type_product_01_1611120234
CMT906_U8B_01_bynder_defined_type_product_01_1613607017
CMT936_EV4_01_bynder_defined_type_product_01_1613625816



NOSILIFE

温暖化に伴い、ここ北海道でも虫刺されによる感染症が毎年多く報告されるようになりました。 CRAGHOPPERSの防虫機能(防虫繊維)は、NOSILIFEといいます。 キャンプ、登山、(海外ふくむ)旅行、 水辺でのアクティビティを楽しむ時に虫刺されを防止します。 もちろん 遊びの場だけでなく、害虫に悩むホームガーデニング愛好家や農作業従事者、森林作業従事者からも大きな支持を得ています。 蚊やぶよ、ダニ(毛ダニ・家ダニ)といった人体に対して危険度が高い吸血昆虫はもちろん、虻、ハエ、アリ、ノミなどにも防虫効果を発揮します。 またその効果は洗濯を繰り返しても半永久的に継続します。 (*ここ大事です!他社製品とは耐久性=性能の継続性において大きな差があります) 繊維に特殊な虫よけ加工を施した新しい技術は無色、無臭で衣料の風合いを変えません。当然ですが人体に悪影響を及ぼすことはありません。 NOSLIFEの技術はアメリカでは、インセクトシールドの名前で販売されており、アメリカ合衆国環境保護庁に登録許可されています。


CRAGHOPPERS 1965年 


イギリス、ウエストヨークシャーのバトリーにて、ブライアン、ガスキンとロイ、ホームズが、イギリスで最初にナイロン素材を使用して、衣類を作った会社(G&H PRODUCTS社)として、創業。 その後、北極探検隊などから、装備としてのウェア製作を依頼される。 70年代には、ガスキンが自分のためも、エベレスト遠征などのウェアを製作していました。 それが市場に認められ、販路を拡大しました。 80年代に入ると、アイテムを増やすため、バンツ専業メーカーを買収して、総合アウトドア衣料メーカーとして発展しました。 その買収した会社の名前が、CRAGHOPPERS社だったので、この時に社名を、CRAGHOPPERSに変更。 1995年 イギリス以外の市場を目指すため、レガッタグループの傘下になり、本社をマンチェスターに移しました。 1997年、AQUA DRY(アクアドライ)生地を開発。 2002年 NOSQUITO(その後のNOSILIFEに発展)を防虫衣料として発売。 2006年 メリノウールを使用した衣料を発売。 2007年 ヨーロッパ市場開拓のため、ドイツ(ハンブルグ)にドイツ事務所を開設。 2008年 サバイバル番組で有名だった、ベア グリルスと提携し、衣料の提供と開発。(現在は、契約終了) 2012年 アメリカ事務所をニューハンプシャーに開設して、アメリカ市場を開拓開始。 2013年 EUROPEAN OUTDOOR CONSERVATION ASSOCIATIONに参加。 2014年 ナショナルジオグラフィック社と北米でのライセンスパートナー契約。 2015年 リサイクルポリエステルフリース製品を販売開始。 2018年 スイス、ジュネーブにある、BLUESIGN SYSTEM PARTNERに参加。 2019年 現在、世界の25か国に、販売網を展開中。 GRAGHOPPERSの創業当時は、より気象条件が厳しいアウトドア(登山)や冒険者と呼ばれる人たちに対しての、製品づくりをしていました。その頃は、このような楽しみ(苦しみ)を実現できる人はかなり裕福な階層で、ごく少数の人達の世界であったと思われます。 一般的にアウトドア衣料と呼ばれるものの購入場所は軍隊の放出品しかなかったようです。その後、その放出品が枯渇し始め、時代が変化し、一般の階層にも、アウドアの楽しみが理解されはじめた時に、CRAGHOPPERSは、一部の人だけでなく、自然や旅を楽しむ、より多くの人に対しての市場に目を向け、製品開発の方向を変更しました。 製品は価格だけではなく、その状況下において必要充分以上の性能を持ち、適切な価格で供給するという 考え方に変化していきました。 しかしながら、この事は製品の縫製を含めた品質を求めないという事ではありません。 あくまでも素材に関して出、より長く使用できる高品質な製品を作る目標は揺らぎません。 この基本的な考え方は、現在も製品づくりに反映されています。 現在もCRAGHOPPERは、基本的に高地においてのハードな登山(アルパイン、エキストリームシーン)、 に対しての衣料は、開発はしていますが、市販していません。 CRAGHOPPERSは、一部の人達だけでなく、自然を愛する、多くの人たちのブランドだという事です。 HIKE ハイキング、トレッキングと対象としたライン。 EXPLORE アウトドアトラベルを対象としたライン。 TRAVEL NOSILIFE(防虫)を中心としたライン。 70%以上リサイクル素材を使用することコミットしていますが、継続のTRAVELラインを除くと、HIKE、EXPLOREのラインは、90%はリサイクル素材を使用して、販売されます。



banner-craghoppers



CRAGHOPPERS 21/22-AW 展示受注会開催中


期間:2021年5月13日(木)-5月26日(水) 時間:GoInsaneの営業時間内 内容:21/22-AWモデルから従来のHike,Explore,Travelの他に来季から新しくカテゴリーラインナップに加わるARCHIVE(過去のモデルをリファインしたODアパレルのNewLine)の4カテゴリーの製品を展示いたします。 個人のお客様、SHOP様、どなたでもご覧いただけます。もちろん1点からの指定発注も喜んで承ります。 コロナ禍=移動の自粛(あくまで自粛)などで、なかなか動きにくい雰囲気ではありますが、皆様のご来場おお待ちしております。 *ご来場の際はマスクの着用をお願いしております。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

210310-Craghoppers-update-mobile-1v4

CRAGHOPPERS 21/22-AW 展示受注会 を開催いたします。

期間:2021年5月13日(木)-5月26日(水)

時間:GoInsaneの営業時間内

内容:21/22-AWモデルから従来のHike,Explore,Travelの他に来季から新しくカテゴリーラインナップに加わるARCHIVE(過去のモデルをリファインしたODアパレルのNewLine)の4カテゴリーの製品を展示いたします。

個人のお客様、SHOP様、どなたでもご覧いただけます。もちろん1点からの指定発注も喜んで承ります。

コロナ禍=移動の自粛(あくまで自粛)などで、なかなか動きにくい雰囲気ではありますが、皆様のご来場おお待ちしております。

*ご来場の際はマスクの着用をお願いしております。

banner-craghoppers

CRAGHOPPERS

1965年 イギリス、ウエストヨークシャーのバトリーにて、ブライアン、ガスキンとロイ、ホームズが、イギリスで最初にナイロン素材を使用して、衣類を作った会社(G&H PRODUCTS社)として、創業。 その後、北極探検隊などから、装備としてのウェア製作を依頼される。 70年代には、ガスキンが自分のためも、エベレスト遠征などのウェアを製作していました。 それが市場に認められ、販路を拡大しました。 80年代に入ると、アイテムを増やすため、バンツ専業メーカーを買収して、総合アウトドア衣料メーカーとして発展しました。 その買収した会社の名前が、CRAGHOPPERS社だったので、この時に社名を、CRAGHOPPERSに変更。 1995年 イギリス以外の市場を目指すため、レガッタグループの傘下になり、本社をマンチェスターに移しました。 1997年、AQUA DRY(アクアドライ)生地を開発。 2002年 NOSQUITO(その後のNOSILIFEに発展)を防虫衣料として発売。 2006年 メリノウールを使用した衣料を発売。 2007年 ヨーロッパ市場開拓のため、ドイツ(ハンブルグ)にドイツ事務所を開設。 2008年 サバイバル番組で有名だった、ベア グリルスと提携し、衣料の提供と開発。(現在は、契約終了) 2012年 アメリカ事務所をニューハンプシャーに開設して、アメリカ市場を開拓開始。 2013年 EUROPEAN OUTDOOR CONSERVATION ASSOCIATIONに参加。 2014年 ナショナルジオグラフィック社と北米でのライセンスパートナー契約。 2015年 リサイクルポリエステルフリース製品を販売開始。 2018年 スイス、ジュネーブにある、BLUESIGN SYSTEM PARTNERに参加。 2019年 現在、世界の25か国に、販売網を展開中。 GRAGHOPPERSの創業当時は、より気象条件が厳しいアウトドア(登山)や冒険者と呼ばれる人たちに対しての、製品づくりをしていました。その頃は、このような楽しみ(苦しみ)を実現できる人はかなり裕福な階層で、ごく少数の人達の世界であったと思われます。 一般的にアウトドア衣料と呼ばれるものの購入場所は軍隊の放出品しかなかったようです。その後、その放出品が枯渇し始め、時代が変化し、一般の階層にも、アウドアの楽しみが理解されはじめた時に、CRAGHOPPERSは、一部の人だけでなく、自然や旅を楽しむ、より多くの人に対しての市場に目を向け、製品開発の方向を変更しました。 製品は価格だけではなく、その状況下において必要充分以上の性能を持ち、適切な価格で供給するという 考え方に変化していきました。 しかしながら、この事は製品の縫製を含めた品質を求めないという事ではありません。 あくまでも素材に関して出、より長く使用できる高品質な製品を作る目標は揺らぎません。 この基本的な考え方は、現在も製品づくりに反映されています。 現在もCRAGHOPPERは、基本的に高地においてのハードな登山(アルパイン、エキストリームシーン)、 に対しての衣料は、開発はしていますが、市販していません。 CRAGHOPPERSは、一部の人達だけでなく、自然を愛する、多くの人たちのブランドだという事です。 HIKE ハイキング、トレッキングと対象としたライン。 EXPLORE アウトドアトラベルを対象としたライン。 TRAVEL NOSILIFE(防虫)を中心としたライン。 70%以上リサイクル素材を使用することコミットしていますが、継続のTRAVELラインを除くと、HIKE、EXPLOREのラインは、90%はリサイクル素材を使用して、販売されます。


NOSILIFE

温暖化に伴い、ここ北海道でも虫刺されによる感染症が毎年多く報告されるようになりました。 CRAGHOPPERSの防虫機能(防虫繊維)は、NOSILIFEといいます。 キャンプ、登山、(海外ふくむ)旅行、 水辺でのアクティビティを楽しむ時に虫刺されを防止します。 もちろん 遊びの場だけでなく、害虫に悩むホームガーデニング愛好家や農作業従事者、森林作業従事者からも大きな支持を得ています。 蚊やぶよ、ダニ(毛ダニ・家ダニ)といった人体に対して危険度が高い吸血昆虫はもちろん、虻、ハエ、アリ、ノミなどにも防虫効果を発揮します。 またその効果は洗濯を繰り返しても半永久的に継続します。 (*ここ大事です!他社製品とは耐久性=性能の継続性において大きな差があります) 繊維に特殊な虫よけ加工を施した新しい技術は無色、無臭で衣料の風合いを変えません。当然ですが人体に悪影響を及ぼすことはありません。 NOSLIFEの技術はアメリカでは、インセクトシールドの名前で販売されており、アメリカ合衆国環境保護庁に登録許可されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ