2020年11月

【業務連絡】

明日=11月30日(月)は休まず営業いたします。

12月の予定は明日以降お知らせいたします。

さて、その12月も間もなく。

WINTERシーズンの始まりですね!

GRASSROOTS POWDERSURFINGのシーズンです!

155302825_o1



昨年からラインナップに加わった【WIDE】と【エクストラワイド】!

今シーズンも引き続きおススメです!

140㎝の操作性と機敏さを損なわず、深雪での浮力とスピードを獲得!

FLYING CARPET-140㎝/エクストラワイド


ソールはもちろんP-TEXのDropLogo!買いです!




そして、フライングカーペット150mのコチラはワイド! フライングカーペットの取り回しやすさと150mのスピードをワイドにする事でさらなる浮力と深雪への対応力を獲得!



FLYING CARPET-150m/WIDE 





素材を変更し、より着雪が少なくなったGRIP TAPEも在庫減少傾向です。お早めに!


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



original



お陰様で、今シーズンから展開開始のCRAGHOPPERSはご高評をいただいております!

中でもここ数年店頭販売が無かったHeavyDutyなOUTERは人気です!

何分予算の仕入れ乏しいGoInsaneです。もうはや店頭在庫が薄めになってきました!

『まだ大丈夫かな?』 とか 『もう少し寒くなってから』 とか …

多分そんな余裕はりません!

何卒お早めに!

HD-OUTER 2020 三銃士!


496818s




BUY NOW! ORDER HERE!
 
 



craghoppers-recycling-v2


AW2020のCRAGGHOPPERは、70%以上がリサイクル素材を使用した「Mindfully Made(マインドフル・メイド)」の発売に力を入れています。

何故??

それは…

ヴィーガンと言えばいいのか、アニマルフリーと言えばいいのか、はっきりとはわかりませんが、最近の意識が高いOutdoor系のMakerやアパレルメーカーはダウン・ウェアを生産しなくなってきています。

ダウンの原料となる羽毛(ダウンやフェザー)は、主に水鳥で大きく分けて2種類-「グース(ガチョウ)」と「ダック(アヒル)」が大半です。


効率よくダウンを生産するため、生きているグースから全身の羽をむしりとり、羽が生え揃ってきたらまた採取、それが5回ほど繰り返され、そして最後には殺されるそうです。
EUでは禁止されているにもかかわらず、このライヴ・ハンド・ピッキングが多く実施され、ライヴピッキングは生産量の50%とも90%ともいわれています。*1着のダウンジャケットには約70羽分の羽毛が使われているそうです。ダウンもフェザーも鳥たちが生きてゆく為に必要な体毛なのです。水鳥は人間のジャケットや布団になる為に生まれてくるのではありません。
購入する人がいる限り、作られ続けます/殺され続けます。
(詳しくはこちらをご覧ください)

そのような流れを良しとしないメーカーが世界中に増え続けています。
中にはニーズがあり売れるために、【動物虐待指定されていない業者】からのみダウン原料を仕入れて使用していますと謳っているPatagoniaのようなメーカーもあったりしますが、それでも結局鳥たちは最終的には殺処分されていきます。

今既に持っているダウン・ウェアを捨ててしまおうとまでは思いませんが、今後僕がダウン・ウェアを買うことも売ることもないでしょう。

今やダウンと同等の保温性とそれ以上の機能性を持った、素材が多数開発されています。

WOMEN'Sも!
bl_376137_c
201103s



ORDER HERE!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック










ご連絡

明日=11月23日(月)は、GoInsaneはお休みいたします。火曜日以降にまたお店でお会いしましょう!



428



あまり、年間を通してたくさんの種類は取り扱わないけど、厳選して店頭においてます。

今回はWeb-Shopの説明も丁寧に解説してます。

手も足も暖かく冬の街を、山を、川を(?)、遊び倒しましょう!

pic_products_socks_DS634_b

自衛隊時代に手足の凍傷(どちらも爪落とすほどキツイヤツ)を経験したコバヤシは、血行障害で冬場はすぐに手足が冷たくなります。辛いです。

手の凍傷は冬の演習中にアタタカイゴム手袋の内側で汗が冷え、やらかしました。指の先端から紫色に変色し、まずまずヤバかったです。

そんなんで、冬の靴下と手袋には非常に神経質になります。いくら暖かくても蒸れてはダメ、いくら通気性が良くても高い防寒性を持っていないとダメ。


そんな私が選んだ手と足のためのおススメ!

お試しあれ!


BUY NOW! ORDER HERE!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

初回入荷は売り切れ!

本日再入荷(予定)

お早目に入手or ご予約を!


HEIQ VIROBLOCK 加工の先進性
抗ウイルス加工で実効性の次に重要になるのはそのスピードです。HEIQ VIROBLOCK 加工は、ウイルスを素早く破壊するということを強く意図して開発された技術であり、事実、HEIQ 社が行った別のテストでは、繊維上に付着したウイルスは 1分後に 98.3%、5 分後には 99.6%破壊という実証結果を得ています。効果発揮までの迅速性こそが HEIQ VIROBLOCK の先進性を示すものであり、布経由でのウイルスの拡散を阻止するための本当に必要とされている技術と言えます。

HEIQ VIROBLOCK 加工の有用性
ウイルスは、マスクや洋服など繊維の表面で約 2 日間生き残ると言われています。目に見えないウイルスは、誰でも、外 から知らずに家庭に持ち帰ってしまうリスクがあり、人間が最も無防備な状態で過ごす寝室にまで入り込んでしまう危 険が排除できません。 いくら手洗いを徹底したつもりでも、ウイルスは、着替えのため無造作に脱ぎ捨てた外出着からベッドに移り、睡眠中に 襲って来ないとは限らないのです。HEIQ VIROBLOCK 加工は、図で示す通り、加工表面に付着したウイルスを強力なマグネット効果で吸着し固着させ破壊します。これにより布地がウイルス拡散のハブ(拠点)化するのを防ぎ、守られる安心を生み出します。

heiqqq
市街地ではこれ!

CUC375_9I1_01_bynder_defined_type_product_01_1602124270
81Fdzx5beGL._AC_SX679_


スキーリゾートやスポーツシーンではこれ!

scg
index


どちらも今この時必要です!


FUCKIN' コロナに負けない必需品です!


ORDER HERE!





GoInsaneにおいては久々の本格的なOutdoorアパレルブランドということで、またアメリカのブランドではなく、フアッション性の高い英国ブランドなこともあり、Mountain to Bar! を体現したCRAGHOPPERSは入荷以来、皆様から高評価をいただいております。

売り切れアイテム、サイズ/カラーも続出し、現在輸入代理店より追加リクエストを出していただいてますが…

このコロナの再拡大でなかなか難航しています。店頭にあるサイズやカラーが合う時は躊躇せずにお買い求めいただくことをおすすめいたします。

2回目の入荷時にちょっとだけ再入荷した…


EXPOLITE JKT

CMN230_W3X_01_bynder_defined_type_product_01_1602115540





CRAGHOPPERS

1965年 イギリス、ウエストヨークシャーのバトリーにて、ブライアン、ガスキンとロイ、ホームズが、イギリスで最初にナイロン素材を使用して、衣類を作った会社(G&H PRODUCTS社)として、創業。
その後、北極探検隊などから、装備としてのウェア製作を依頼される。

70年代には、ガスキンが自分のためも、エベレスト遠征などのウェアを製作していました。
それが市場に認められ、販路を拡大しました。
80年代に入ると、アイテムを増やすため、バンツ専業メーカーを買収して、総合アウトドア衣料メーカーとして発展しました。
その買収した会社の名前が、CRAGHOPPERS社だったので、この時に社名を、CRAGHOPPERSに変更。
1995年 イギリス以外の市場を目指すため、レガッタグループの傘下になり、本社をマンチェスターに移しました。

1997年、AQUA DRY(アクアドライ)生地を開発。
2002年 NOSQUITO(その後のNOSILIFEに発展)を防虫衣料として発売。
2006年 メリノウールを使用した衣料を発売。
2007年 ヨーロッパ市場開拓のため、ドイツ(ハンブルグ)にドイツ事務所を開設。
2008年 サバイバル番組で有名だった、ベア グリルスと提携し、衣料の提供と開発。(現在は、契約終了)
2012年 アメリカ事務所をニューハンプシャーに開設して、アメリカ市場を開拓開始。
2013年 EUROPEAN OUTDOOR CONSERVATION ASSOCIATIONに参加。
2014年 ナショナルジオグラフィック社と北米でのライセンスパートナー契約。
2015年 リサイクルポリエステルフリース製品を販売開始。
2018年 スイス、ジュネーブにある、BLUESIGN SYSTEM PARTNERに参加。
2019年 現在、世界の25か国に、販売網を展開中。

GRAGHOPPERSの創業当時は、より気象条件が厳しいアウトドア(登山)や冒険者と呼ばれる人たちに対しての、製品づくりをしていました。その頃は、このような楽しみ(苦しみ)を実現できる人はかなり裕福な階層で、ごく少数の人達の世界であったと思われます。
一般的にアウトドア衣料と呼ばれるものの購入場所は軍隊の放出品しかなかったようです。その後、その放出品が枯渇し始め、時代が変化し、一般の階層にも、アウドアの楽しみが理解されはじめた時に、CRAGHOPPERSは、一部の人だけでなく、自然や旅を楽しむ、より多くの人に対しての市場に目を向け、製品開発の方向を変更しました。
製品は価格だけではなく、その状況下において必要充分以上の性能を持ち、適切な価格で供給するという
考え方に変化していきました。
しかしながら、この事は製品の縫製を含めた品質を求めないという事ではありません。
あくまでも素材に関して出、より長く使用できる高品質な製品を作る目標は揺らぎません。
この基本的な考え方は、現在も製品づくりに反映されています。

現在もCRAGHOPPERは、基本的に高地においてのハードな登山(アルパイン、エキストリームシーン)、
に対しての衣料は、開発はしていますが、市販していません。
CRAGHOPPERSは、一部の人達だけでなく、自然を愛する、多くの人たちのブランドだという事です。


HIKE
ハイキング、トレッキングと対象としたライン。

EXPLORE
アウトドアトラベルを対象としたライン。

TRAVEL
NOSILIFE(防虫)を中心としたライン。

70%以上リサイクル素材を使用することコミットしていますが、継続のTRAVELラインを除くと、HIKE、EXPLOREのラインは、90%はリサイクル素材を使用して、販売されます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

どうもスマホから更新です! 

月曜日の今日はお休みいただいてますが、明日は予定変更で、通常営業とたります! 

よろしくお願い致します!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ