craghoppers-nosilife-adventure-ii-ls-cumin-1-867235



どうも!

本日ようやく今シーズンのパドリングをスタート。

石灰沈着性関節炎とやらであまりの激痛で左肩が全く動かせなくなり、焦ってコンディションを整えようと東札幌から大谷地までの緩いランの帰りに激しい肉離れで左もも裏を破壊。

負傷個所をかばっているうちに古傷の腰が痛みだし、トゥルースリーパーが欲しい今日この頃です。

世の中はコロナコロナってうるせーし、平岸街道は毎日一人は挙動不審(または行動異常)の人を見かけるし、毎日お客様のご来店も少なくて苦しい経営なのにビルの上の階のあんちゃんに『儲かってそうでいいですねー』って言われるし。キャンプブームだか焚火ブームだか知らねーけど、ウチはSNOWPEAKみたいなゴミ同然の製品を高値で売るようなアコギな商売はしてないから関係ないのよ。クソみてーなブームには。

以上恒例の愚痴でした。

ともかく川に戻れて、良かった。カヤックしてないと多分、死ぬ。

温かくなったり、急に寒くなったり、それでも夜は寒かったり、コロナだったり花粉症だったりで…何をおすすめしていいのか分からないけれど、今日はSHIRTSです。


CRAGHOPPERS/NosiLife Adventure II Long-Sleeved&Short-Sleeve Shirt

craghoppers-nosilife-adventure-ii-ls-cumin-2-867236
craghoppers-nosilife-adventure-ii-ls-cumin-3-867237







世界中で信頼性の高いサンプロテクションとアンチインセクト性能を発揮する、比類なきアドベンチャーシャツです。軽量のリップストップ構造は、肌からの水分を逃がして効果的に冷却し、最も粘着性の高いコンディションでも防臭効果を発揮します。



来たる夏に! すでに気温が温かい内地以南の方に! ORDER HERE!



CMS607_7B4_01_bynder_defined_type_product_01_1613607152
CMS607_V21_01_bynder_defined_type_product_01_1613721203

 



夜やちょっと肌寒い日のためにこのシャツの上にはSHELL-JKTやADENTURE-JKTの組み合わせをおすすめいたします!


CMN226_62A_01_bynder_defined_type_product_01_1613887274
CMW772_SV6_02_bynder_defined_type_model_01_1615513748


=CRAGHOPPERS =


Craghoppers_Kiwi+jpegsKIWI+MAN_178



1965年 イギリス、ウエストヨークシャーのバトリーにて、ブライアン、ガスキンとロイ、ホームズが、イギリスで最初にナイロン素材を使用して、衣類を作った会社(G&H PRODUCTS社)として、創業。 その後、北極探検隊などから、装備としてのウェア製作を依頼される。 70年代には、ガスキンが自分のためも、エベレスト遠征などのウェアを製作していました。 それが市場に認められ、販路を拡大しました。 80年代に入ると、アイテムを増やすため、バンツ専業メーカーを買収して、総合アウトドア衣料メーカーとして発展しました。 その買収した会社の名前が、CRAGHOPPERS社だったので、この時に社名を、CRAGHOPPERSに変更。 1995年 イギリス以外の市場を目指すため、レガッタグループの傘下になり、本社をマンチェスターに移しました。 1997年、AQUA DRY(アクアドライ)生地を開発。 2002年 NOSQUITO(その後のNOSILIFEに発展)を防虫衣料として発売。 2006年 メリノウールを使用した衣料を発売。 2007年 ヨーロッパ市場開拓のため、ドイツ(ハンブルグ)にドイツ事務所を開設。 2008年 サバイバル番組で有名だった、ベア グリルスと提携し、衣料の提供と開発。(現在は、契約終了) 2012年 アメリカ事務所をニューハンプシャーに開設して、アメリカ市場を開拓開始。 2013年 EUROPEAN OUTDOOR CONSERVATION ASSOCIATIONに参加。 2014年 ナショナルジオグラフィック社と北米でのライセンスパートナー契約。 2015年 リサイクルポリエステルフリース製品を販売開始。 2018年 スイス、ジュネーブにある、BLUESIGN SYSTEM PARTNERに参加。 2019年 現在、世界の25か国に、販売網を展開中。 GRAGHOPPERSの創業当時は、より気象条件が厳しいアウトドア(登山)や冒険者と呼ばれる人たちに対しての、製品づくりをしていました。その頃は、このような楽しみ(苦しみ)を実現できる人はかなり裕福な階層で、ごく少数の人達の世界であったと思われます。 一般的にアウトドア衣料と呼ばれるものの購入場所は軍隊の放出品しかなかったようです。その後、その放出品が枯渇し始め、時代が変化し、一般の階層にも、アウドアの楽しみが理解されはじめた時に、CRAGHOPPERSは、一部の人だけでなく、自然や旅を楽しむ、より多くの人に対しての市場に目を向け、製品開発の方向を変更しました。 製品は価格だけではなく、その状況下において必要充分以上の性能を持ち、適切な価格で供給するという 考え方に変化していきました。 しかしながら、この事は製品の縫製を含めた品質を求めないという事ではありません。 あくまでも素材に関して出、より長く使用できる高品質な製品を作る目標は揺らぎません。 この基本的な考え方は、現在も製品づくりに反映されています。 現在もCRAGHOPPERは、基本的に高地においてのハードな登山(アルパイン、エキストリームシーン)、 に対しての衣料は、開発はしていますが、市販していません。 CRAGHOPPERSは、一部の人達だけでなく、自然を愛する、多くの人たちのブランドだという事です。 HIKE ハイキング、トレッキングと対象としたライン。 EXPLORE アウトドアトラベルを対象としたライン。 TRAVEL NOSILIFE(防虫)を中心としたライン。 70%以上リサイクル素材を使用することコミットしていますが、継続のTRAVELラインを除くと、HIKE、EXPLOREのラインは、90%はリサイクル素材を使用して、販売されます。


雪のない季節といえば…【虫】です。山に行こうが川に行こうが、吸血昆虫に悩まされる季節です。 幾春別では虻の大群に毎夏襲われます。 温暖化に伴い、ここ北海道でも虫刺されによる感染症が毎年多く報告されるようになりました。 CRAGHOPPERSの防虫機能(防虫繊維)は、NOSILIFEといいます。 キャンプ、登山、(海外ふくむ)旅行、 水辺でのアクティビティを楽しむ時に虫刺されを防止します。 もちろん 遊びの場だけでなく、害虫に悩むホームガーデニング愛好家や農作業従事者、森林作業従事者からも大きな支持を得ています。 蚊やぶよ、ダニ(毛ダニ・家ダニ)といった人体に対して危険度が高い吸血昆虫はもちろん、虻、ハエ、アリ、ノミなどにも防虫効果を発揮します。 またその効果は洗濯を繰り返しても半永久的に継続します。 (*ここ大事です!他社製品とは耐久性=性能の継続性において大きな差があります) 繊維に特殊な虫よけ加工を施した新しい技術は無色、無臭で衣料の風合いを変えません。当然ですが人体に悪影響を及ぼすことはありません。 NOSLIFEの技術はアメリカでは、インセクトシールドの名前で販売されており、アメリカ合衆国環境保護庁に登録許可されています。
最近店が暇すぎて、それなのにスマホのゲームアプリをすべて削除してしまい、まいにちYOUTUBEやAPPLE MUSICで音楽ばかり聞いています。

1007408179





先週まで久しぶりに見た【TAKE ME TO THE RIVER / 約束の地、メンフィス】を見た影響でPromisedLand周辺の黒い音楽の旅を続けていましたが…


61lipo4k+UL._AC_SL1000_


今週は一転なぜか北欧へと僕の興味は向かってしまい…

しかもBlackMetalではなく…

ノルウェーパワーポップ・パンクにすっかりはまり込んでました。










屈託なく、理屈っぽくなく、ただただPOPで気持ちいいです!