220px-Peri

CRAGHOPPERS/Peri Hooded Jacket


158093310_o3


158093310_o2

今日も寒いので再度OFFER!

SweatのZipHoodyを買うよりもお得感と、マルチに使用できる機能性がウリですね。

Sleek and stylish look!!

ソフトタッチのフラットフェイス・マールフリース素材を使用した快適なジャケット「Peri」は、肌寒い日のOUTERとしての着用はもちろん、寒冷な季節には素材の柔らかさとしなやかさ、そしてすっきりとしたスタイリングで防水性のあるシェルの下にも違和感なくと着こなせます。

この時期のOUTERにも、TEEシャツの季節の朝晩の軽く羽織る1着としても、夏場のオーバーナイト・キャンピングにも幅広く使っていただけると思います。

裏地は起毛、表地はニットのまま起毛無しなので、ヴィジュアル的にもどのシーズンでも違和感なく着ていただけます。




cma1281_1mn_01







=CRAGHOPPERS =


Craghoppers_Kiwi+jpegsKIWI+MAN_178



1965年 イギリス、ウエストヨークシャーのバトリーにて、ブライアン、ガスキンとロイ、ホームズが、イギリスで最初にナイロン素材を使用して、衣類を作った会社(G&H PRODUCTS社)として、創業。 その後、北極探検隊などから、装備としてのウェア製作を依頼される。 70年代には、ガスキンが自分のためも、エベレスト遠征などのウェアを製作していました。 それが市場に認められ、販路を拡大しました。 80年代に入ると、アイテムを増やすため、バンツ専業メーカーを買収して、総合アウトドア衣料メーカーとして発展しました。 その買収した会社の名前が、CRAGHOPPERS社だったので、この時に社名を、CRAGHOPPERSに変更。 1995年 イギリス以外の市場を目指すため、レガッタグループの傘下になり、本社をマンチェスターに移しました。 1997年、AQUA DRY(アクアドライ)生地を開発。 2002年 NOSQUITO(その後のNOSILIFEに発展)を防虫衣料として発売。 2006年 メリノウールを使用した衣料を発売。 2007年 ヨーロッパ市場開拓のため、ドイツ(ハンブルグ)にドイツ事務所を開設。 2008年 サバイバル番組で有名だった、ベア グリルスと提携し、衣料の提供と開発。(現在は、契約終了) 2012年 アメリカ事務所をニューハンプシャーに開設して、アメリカ市場を開拓開始。 2013年 EUROPEAN OUTDOOR CONSERVATION ASSOCIATIONに参加。 2014年 ナショナルジオグラフィック社と北米でのライセンスパートナー契約。 2015年 リサイクルポリエステルフリース製品を販売開始。 2018年 スイス、ジュネーブにある、BLUESIGN SYSTEM PARTNERに参加。 2019年 現在、世界の25か国に、販売網を展開中。 GRAGHOPPERSの創業当時は、より気象条件が厳しいアウトドア(登山)や冒険者と呼ばれる人たちに対しての、製品づくりをしていました。その頃は、このような楽しみ(苦しみ)を実現できる人はかなり裕福な階層で、ごく少数の人達の世界であったと思われます。 一般的にアウトドア衣料と呼ばれるものの購入場所は軍隊の放出品しかなかったようです。その後、その放出品が枯渇し始め、時代が変化し、一般の階層にも、アウドアの楽しみが理解されはじめた時に、CRAGHOPPERSは、一部の人だけでなく、自然や旅を楽しむ、より多くの人に対しての市場に目を向け、製品開発の方向を変更しました。 製品は価格だけではなく、その状況下において必要充分以上の性能を持ち、適切な価格で供給するという 考え方に変化していきました。 しかしながら、この事は製品の縫製を含めた品質を求めないという事ではありません。 あくまでも素材に関して出、より長く使用できる高品質な製品を作る目標は揺らぎません。 この基本的な考え方は、現在も製品づくりに反映されています。 現在もCRAGHOPPERは、基本的に高地においてのハードな登山(アルパイン、エキストリームシーン)、 に対しての衣料は、開発はしていますが、市販していません。 CRAGHOPPERSは、一部の人達だけでなく、自然を愛する、多くの人たちのブランドだという事です。 HIKE ハイキング、トレッキングと対象としたライン。 EXPLORE アウトドアトラベルを対象としたライン。 TRAVEL NOSILIFE(防虫)を中心としたライン。 70%以上リサイクル素材を使用することコミットしていますが、継続のTRAVELラインを除くと、HIKE、EXPLOREのラインは、90%はリサイクル素材を使用して、販売されます。


雪のない季節といえば…【虫】です。山に行こうが川に行こうが、吸血昆虫に悩まされる季節です。 幾春別では虻の大群に毎夏襲われます。 温暖化に伴い、ここ北海道でも虫刺されによる感染症が毎年多く報告されるようになりました。 CRAGHOPPERSの防虫機能(防虫繊維)は、NOSILIFEといいます。 キャンプ、登山、(海外ふくむ)旅行、 水辺でのアクティビティを楽しむ時に虫刺されを防止します。 もちろん 遊びの場だけでなく、害虫に悩むホームガーデニング愛好家や農作業従事者、森林作業従事者からも大きな支持を得ています。 蚊やぶよ、ダニ(毛ダニ・家ダニ)といった人体に対して危険度が高い吸血昆虫はもちろん、虻、ハエ、アリ、ノミなどにも防虫効果を発揮します。 またその効果は洗濯を繰り返しても半永久的に継続します。 (*ここ大事です!他社製品とは耐久性=性能の継続性において大きな差があります) 繊維に特殊な虫よけ加工を施した新しい技術は無色、無臭で衣料の風合いを変えません。当然ですが人体に悪影響を及ぼすことはありません。 NOSLIFEの技術はアメリカでは、インセクトシールドの名前で販売されており、アメリカ合衆国環境保護庁に登録許可されています。
20日締め切り!

index3





 前半から積雪多めで、かなり寒かったけど、終わってみれば短かったこの冬。 初心者レッスン中心で、そろそろ山に戻ろうかなと思ったら…いきなり冬が終わってしまい、イマイチ不完全燃焼ではありました。

来シーズンこそは沢山滑りたいですね。

21/22-Grassroots Powdersurfing の前オーダー締め切り【4月20日の閉店まで】が近づいています。

長さ、幅、ソール、トップ、カスタムもこの機会にオーダーして、シーズンはじめに受け取り可能です。 コロナのせいなのか、14年以上に渡るJeremyの、そして10年に及ぶGoInsaneと仲間たちの地道な努力の結果か、20/21シーズンのGrassroots 本国でもオーダー未納や遅延が出るほど多数のオーダーがあり、GoInsane でも、2020年内に在庫は売り切れ、お客様からお預かりした中古も全て完売しました。


個人のモデルの買い換えも終わり、来シーズンは中古の良いモデルはあまり期待できません。

ジェレミーも早めに生産開始の予定だそうです!

確実に欲しいモデルを入手するなら、予約オーダーを強くおすすめいたします!

ご質問や、ご相談いつでも承ります。 すっかり春ですが、楽しい来シーズンの為にぜひご検討の上、オーダーよろしくお願いします!