むしょうにくいたい…




哀愁を感じさせるレトロな雰囲気の、赤い丸缶の底をぎゅっ〜と押し上げる と、ザラメ砂糖がまぶされた先端部分が顔を出す。ここを、缶に付属の糸で切り取って口に運べば、なんとも懐かしい味に頬が緩む。 子供達は、糸でいかに薄く切れるかを競い、大人だって、厚いのが好きな人や切り口をギザギザにしたりして楽しく食せるのが、五勝手屋羊羹オリジナル!