鹿って美味いよね。




エゾシカ(学名:Cervus nippon yesoensis)は北海道に生息するシカの一種。ニホンジカ科ニホンジカの亜種である。

北海道全域に分布し、ニホンジカより大きくて、雄は体長90-190cm・体重50-130kg、雌は体長90-150cm・体重25-80kgに達する。夏毛は茶色、冬毛は灰褐色という特徴を持つ。大半は日高支庁・十勝支庁・釧路支庁・根室支庁・網走支庁など道東に住んでいると考えられている。

アイヌはシカ(エゾシカ)はイヨマンテなどの儀礼に使用せず、アイヌ文化においてはシカの神(カムイ)が存在しないと言われている。シカは単なる食料の対象であったと見られている。